自分で選ぶこと

子どもの家は、活動の自由が保障されています。何をしようかな・・と迷って選べないお子さんは、一緒に選んだり誘ったりしますが、モンテッソーリ教師が誘って一緒に取り組んだ活動より、自分で選んだ活動の方が、集中して熱心に取り組みます。

お家から季節のお花を持って来てくれて、クラスの環境のために花瓶に花を活けて飾ってくれます。

三つ編み製作が簡単になり、5本編みに挑戦!!今、人気の活動です♪

スプーンの持ち方を意識して練習しています。実際のお食事でも、持ち方を意識してお食事をすすめています。

並べて、重ねて、違いを見つけます。高さや太さの違いを見つけ、分類したり並べたり。熱心に違いを見つけています。

卵割りに挑戦!!力加減が難しい様子で、きれいに割って中身を出す事に苦戦していましたが、諦めずに全部挑戦していました。次の日も卵割りを選び、経験を重ねるごとに上手に割る事が出来ています。

出来ないから辞めよう・・ではなく、もっと上手に割りたい!という意識が働いている様子。熱心に卵と向き合っています。

自分で選んだ活動を満足いくまで続けたお子さんは、心が満たされて情緒が安定します。表情が豊かになり、自信を持って行動するようになり、益々自らすすんでやりたい!という自発性が強められます。

熱心に活動しているお友達を見て刺激を受けて、私もやってみたい!と意欲が湧いてくるお子さんの姿も見られます。

まずは、何をやりたいか。自分で選べるようになることが大切ですね。意志を持って行動できるお子さんは、自立が早いです。

%d